サラリーマンでの設立

サラリーマンでも会社設立すれば大幅節税が可能

サラリーマンでも会社設立すれば大幅節税が可能になります。多少の税金の知識が必要となりますが、会社の経費として多くの費用を計上できるようになるので、所得が減り、税金の額が大幅に少なくすることができるからです。

会社設立したら、自分自身が社長であり、会社の経費を自由自在に使えるので、会社の経費で様々なことをすることができるようになります。もちろん、会社の費用なので、会社設立しても、ビジネスに関する費用しか経費計上できませんが、自分の趣味などに関係するビジネスを展開しているなら、自分が趣味で使ったお金も経費計上できるようになるのです。

会社設立しても黒字なら節税効果はなく、余計に税額が増えてしまいますから、自分の好きなことで、赤字になっても構わないようなビジネスで会社設立することをおすすめします。

例えば、ヨガを趣味にしている人なら、思い切って、ヨガスクールを開催してヨガインストラクターになってしまいましょう。こうすることで、趣味のヨガにかかる費用を経費計上できるようになるからです。実際にビジネスとして成功できなくても、ヨガに費やしたお金のおかげで節税できるので、会社設立をするメリットは十分にあります。

ただし、かなりの金額をヨガに費やしていなければ、大したメリットは出てこないので、莫大な金額を費やしている趣味であることが
大切です。ヨガなんてお金がかかるのはヨガレッスン料だけだと思うかも知れませんが、書籍やDVDなども充実しています。ヨガマットやヨガウェアなどもあり、インドなどへヨガ留学をすれば、海外航空券や滞在費なども経費に落とせるので、かなりの金額を経費とすることも可能です。また、自宅などをスクールとすれば、家賃の半額を経費にすることも可能です。さらには、光熱費や電話代、インターネット接続料なども経費になりますから、意外と経費にできる金額は少なくないのです。

他にもアパートや駐車場の経営、本屋や好きな食べ物の取り扱い、ファッションや音楽などの商品の取り扱いをしている人も多くなっています。

いずれにしても、自分が興味が持てて、趣味にもしているようなビジネスをすると良いでしょう。趣味の知識を生かせますし、趣味にかかるお金を会社の経費として計上でき、節税にもつながるからです。

また、節税するには多少の税法の知識も必要となりますから、図書館などでたくさんの本を借りて、色々な税法を勉強することをおすすめします。