公証役場での承認

会社設立には公証役場での書類の承認が必要

会社設立は法務局に定款とわれる会社の規則を書いた書類を提出して承認されることで出来ます。この書類を公のものとして認めてもらうために必要となるのが公証役場での承認です。定款は公証役場で承認されて初めて公の文書と認められたことになるわけです。そして、それを法務局に承認してもらうことで会社設立をすることができたことになります。

今では会社設立をするといったことは、かなり身近なことになってきています。昔はある程度の資本金が必要だったりしたので、なかなか個人では会社設立をするといったケースは少なかったのですが、今は資本金は一円からでも会社設立ができるようになっていますし、ネットの普及によって個人でもさまざまなビジネス展開をすることが可能になっていますから、こういったネットビジネスで会社設立をして起業をするといったケースも多くなってきています。

会社設立のときに必要となるのが、定款という会社の規則を記した書類作成なのですが、これがかなり難しいものになっています。個人でも作ろうとすれば作れるのですが、かなりの時間を必要とします。今はネットで定款の雛形といったようなものも入手できますから、そういったものを手に入れて、自分がつくりたい会社とちがっているところを直していくといったような形でつくっていくことも多いといえます。そうして作った書類はまずは公証役場でチェックをしてもらうことになります。

ここでのチェックでほとんどのミスは指摘されるので、指摘されたことを直せば書類としての形式はほぼ出来たといってもいいでしょう。この後で法務局のチェックを受けるのですが、このときは書類のチェックもありますが、既に公証役場でかなりのチェックを受けてきているので、ほとんど指摘されることはなくなっているでしょう。

会社を設立するということは、そんなに難しいことではありませんから、しっかりと書類さえつくれていれば誰でも出来ます。

また、これらの手続きや作業時間が惜しいと感じるのであれば、会社設立代行サービスに依頼をすればこれら一連の作業を全部やってくれるといったサービスをしているところもあります。
こういったサービスを利用すれば、自分が作りたい会社の概要を説明すれば、後の手続きは全部やってくれますので、簡単に会社を設立することができます。時間を効率的に使う意味ではかなり検討をする価値はあるかもしれません。そんなに何度も会社設立をする必要性があるケースはないでしょうから。