贈る花

会社設立時に贈る花を考える

誕生日やお祝い事、折に触れて花を贈られる事は、誰でも嬉しいものです。
美しいばかりではなく、贈った人の心もそれに込められている事が分かるからなのです。

会社設立のお祝いとして、それを贈る事も同じでしょう。 

その時、必ずと言っていいほど、胡蝶蘭は誰かが選びます。 “胡蝶”とは、蝶をモチーフとした舞楽からきているため、蝶が舞い踊り、飛び立っていくような姿から“飛躍・繁栄・繁盛”を思わせて、会社設立時にこれを贈るのは、縁起がよいとされ、喜ばれます。
 
予算に関して言えば、だいたいの見当として、身内・法人なら1万~3万円、友人なら5千~1万円で贈るのが適当な相場だと言われていますが、あとは個人的に、付き合いの深さでそれに見合った金額の物を選べばよいと思います。 それは胡蝶蘭に限らず言える事です。
 
会社設立時に贈るスタイルとしては、スタンド・鉢が一般的です。
 
そして花言葉というものがありますが、それは色々比較してみると、ときどき花が持つ言葉として違っていたりで、曖昧さを感じさせたり、こじつけの様な感はありますが、やはり今後の弥栄(いやさか)を願う表現が少しでも感じられれば、縁起の良いフラワーだけを集めて、アレンジしてもらいそれを贈る方法もあります。 花言葉には多少の疑問も残りますが、良い事であるならば、なんでも取り入れてしまいます。
 新しく会社設立をする場合、縁起は担ぎたいし、良いに越したことはありません。
そしてそれが店頭に飾られれば、明るく華やかな印象を受けます。 会社のイメージを作る演出するをするパワーが花にはあります。 
 
会社事務所にそれを置くなら、その空間はもともと無味乾燥な場所なのですから、見映えもし、オープン時に相応しい贈り物になります。 

フラワーショップによっても、スタンディングで使われる種類はそれぞれでしょうが、色々なカラーを使うミックス系か、ローズ系、蘭系と会社の業種、そしてその雰囲気で決める事が必要です。 親しい仲なら、事前にどんなスタイル・種類で贈ればいいか、聞いてみるのもいいかもしれません。 事務所の大きさによっては、スタンドより蘭の鉢の方が置き場所に困らない事も考えられます。 1段タイプ、より一層華やかな2段タイプとありますが、そちらも予算を考えて決めればよい事です。

会社設立までに、色々やらなければならない手続きを踏んで、やっとこの日を迎えられました。 そんな出発の日に祝いの気持ちがこめられた胡蝶蘭やアレンジメントが華を添えます。