最近の投稿

資本金はいくらから?

資本金1円でできる会社設立について

会社設立をする際には高額な費用がかかることも多くあります。業務に必要なお金だけでなく登記申請の際には収入印紙代が高額となるため、しっかりと確認をして行うことが必要となります。

資本金については特別な業種でなければ1円でも申請を行うことができるようになっているため、金額を抑えて申請を行うことができますが、他の費用については抑える方法は少ないためしっかりと金額を確認して書類を作成していくことが大切です。

株式会社よりも合同会社にて申請することによって収入印紙代を削減することもできますが、それでも高額な費用が必要となることには変わりがないため、会社設立の際には設立費用についてしっかりとした検討が大切です。

金融機関ではこのような際に利用をすることのできる融資制度を用意しているため、相談をすることによってより良いプランを案内してもらえます。新しく会社を設立する際には新創業者を対象とした特別融資を利用することができ、低金利で利用ができるだけでなく返済時期についても猶予期間を設けてもらうこともできるので、とても便利な金融サービスとなっています。
このような融資制度を利用する際には事業計画書や資金の流れを確認できる書類を提示することも必要となります。

そのため事前にしっかりとした計画を立てていくことが重要となります。
このような書類作成は個人でも作成することは可能ですが、難しい項目も多くあるため時間がかかってしまうことも多くあります。

そのため専門の業者に依頼するといったケースも多くなっており、専門家の力を借りることによって融資をスムーズに受けられるアドバイスを受けることもできるため、利用をする方も多くなっています。
1円の資本金でも申請ができますが、その他の費用はとても高額です。

会社設立をする際にはしっかりと費用を準備することが大切になりますし、融資を受ける際には資金の流れを明確にしておくことが重要とないます。

必要となる書類の作成も大変難しいことが多くなるため、時間がかかることも多くあります。
専門家と相談をすることで書類作成や融資について適切に対応をしてもらうことができるようになるため、すぐに会社設立をしてビジネスチャンスを逃さないようにしていくためには、このような方の力を借りることも大変有効な手段となります。

会社設立に時間をかけてしまうと業務に支障が出てしまうことも多くあるため、素早い行動で適切に行うことも大切なこととなります。

経費削減から見たメリット

経費削減からみた会社設立のメリット

会社設立によって、それまでの個人事業よりはるかに経費を抑えることが可能となります。

個人事業では仕事とプライベートを厳密に区別することが難しいのですが、法人格を持つ会社であれば、株主のために利益を得ることを目的としているため、原則としてすべて事業活動のために支出されたものとしてみなすことが可能になるのです。

その一つに、住居の占める分があります。個人事業主が自宅兼事務所として利用している家賃なども、事務所としての業務にかかわる部分のみを計算して申告できるのですが、自宅としてプライベートな領域に関する家賃は家事関連費となるため、一切認められなくなります。

事務所に該当する部分がほんの雀の涙程度の領域しかない、ということもよくある話です。一方で会社設立を行って法人成りすると、自宅兼事務所の自宅部分の一部を経費扱いすることができます。会社が住居を借り上げて、社宅として取り扱うことによって、その家賃の50%を経費とすることができるのです。

仕事以外の部分は社宅として、おおむね家賃などの半分を認めてもらうような形をとることが、会社設立による節税メリットとなります。

ただし、世間並みに見た際に、広さや間取り、室内の豪華さなどがかなり上のクラスに属するような物件については、経済的利益を会社から与えられたと判断されるため、現物の給与として認定されることになりますので、注意が必要です。

この社宅の他にも、認められる出費は多く存在します。この時に必要とされるのは、会社設立の際に作成する「社内規定」です。たとえば、旅費規程をつくり、かつ出張手当の金額を明記しておけば、会社としては経費扱いになると同時に、出張手当をもらった個人の側も非課税の収入とすることができます。

慶弔規定も同様で、会社設立の後で慶弔規定を整備しておけば、見舞金や弔慰金、出産祝いや結婚祝いなども同様にすることができます。各種規定を作成するときには、多くの会社で規定されているような、役職や勤続年数などで金額に差をつけるような内容にしておくといいでしょう。税務調査があった際には、あいまいな支出は指摘されるものですので、社内規定は厳密なものにしておくことが必要となります。

また、会社が使用する車についても同様の考え方ができます。会社が使用する車についてはプライベートで使用することを想定していないためです。大きな資産ですので、一括で経費として認められることはなく、減価償却費として長期にわたり処理していくことになります。

貸借対照表について

会社設立と貸借対照表について

株式会社や合同会社などの会社設立により、経理関係の処理についても適正に行わなければならないとされます。経理を行う最大の目的は、決算書類の作成にあります。決算書類にはかつては貸借対照表いわゆるバランスシートと損益計算書の2種類がありましたが、最近ではキャッシュフロー表と呼ばれる書類もこの中に含めることがあります。

会社設立から何かしらの経理が必要な処理が発生していくことになります。たとえば会社設立の事実だけでも資本金として現金を預け入れたりすれば、それだけで仕訳を行う必要がありますし、また、従業員に対する給料などを支払えば支払った事実に対することについてその仕訳なども必要となります。

このように何かしらの現金などの増減があった場合などにこの経理を行わなければならなくなりますが、特に会社設立時点で専任の経理担当者がいない場合もよくあります。場合によっては経理関係は会計事務所や税理士事務所などのようなところに委任するところもあります。

会社設立直後は資金面でどうしても不安がありますから、最初から経理などをすべてこうした事務所などに依頼すると、その依頼料も相当な金額になります。可能であれば、ある程度の経理事務はできるような体制にしておいた方が望ましいとされます。

経理ができるということはその経理の流れが分かっているということでもあります。仕訳に始まり総勘定元帳への転記、試算表の作成、決算整理仕訳に始まる決算処理といった具合に、どのタイミングでどういった処理を行う必要があるのか、経営者はある程度はしてておいたほうが良い場合もあります。

よくあるのが、経理事務などの担当者を一人しか置いておかなかったために、その経理担当者が不正を行っても誰も長年にわたって気が付かなかったという点があります。不正経理を見抜けなかった経営陣にもこの場合は問題はありますが、経理担当者を複数人配置すれば未然に防げていた可能性もあるので、組織体制の問題でもあります。

経理事務を行っていく上で最終的な目標が決算書類の作成であるというのは先述のとおりですが、決算書類は利害関係者に経営状態を示すことができる正式な書類でもあります。そのため、損益計算書の意味や貸借対照表の作成する意味をしっかりと理解して、正しく作成される必要があります。

また、この書類を基に税務署などが税額を決定することになりますから、間違いなどは許されないことにも十分な注意が必要となります。

贈る花

会社設立時に贈る花を考える

誕生日やお祝い事、折に触れて花を贈られる事は、誰でも嬉しいものです。
美しいばかりではなく、贈った人の心もそれに込められている事が分かるからなのです。

会社設立のお祝いとして、それを贈る事も同じでしょう。 

その時、必ずと言っていいほど、胡蝶蘭は誰かが選びます。 “胡蝶”とは、蝶をモチーフとした舞楽からきているため、蝶が舞い踊り、飛び立っていくような姿から“飛躍・繁栄・繁盛”を思わせて、会社設立時にこれを贈るのは、縁起がよいとされ、喜ばれます。
 
予算に関して言えば、だいたいの見当として、身内・法人なら1万~3万円、友人なら5千~1万円で贈るのが適当な相場だと言われていますが、あとは個人的に、付き合いの深さでそれに見合った金額の物を選べばよいと思います。 それは胡蝶蘭に限らず言える事です。
 
会社設立時に贈るスタイルとしては、スタンド・鉢が一般的です。
 
そして花言葉というものがありますが、それは色々比較してみると、ときどき花が持つ言葉として違っていたりで、曖昧さを感じさせたり、こじつけの様な感はありますが、やはり今後の弥栄(いやさか)を願う表現が少しでも感じられれば、縁起の良いフラワーだけを集めて、アレンジしてもらいそれを贈る方法もあります。 花言葉には多少の疑問も残りますが、良い事であるならば、なんでも取り入れてしまいます。
 新しく会社設立をする場合、縁起は担ぎたいし、良いに越したことはありません。
そしてそれが店頭に飾られれば、明るく華やかな印象を受けます。 会社のイメージを作る演出するをするパワーが花にはあります。 
 
会社事務所にそれを置くなら、その空間はもともと無味乾燥な場所なのですから、見映えもし、オープン時に相応しい贈り物になります。 

フラワーショップによっても、スタンディングで使われる種類はそれぞれでしょうが、色々なカラーを使うミックス系か、ローズ系、蘭系と会社の業種、そしてその雰囲気で決める事が必要です。 親しい仲なら、事前にどんなスタイル・種類で贈ればいいか、聞いてみるのもいいかもしれません。 事務所の大きさによっては、スタンドより蘭の鉢の方が置き場所に困らない事も考えられます。 1段タイプ、より一層華やかな2段タイプとありますが、そちらも予算を考えて決めればよい事です。

会社設立までに、色々やらなければならない手続きを踏んで、やっとこの日を迎えられました。 そんな出発の日に祝いの気持ちがこめられた胡蝶蘭やアレンジメントが華を添えます。

個人での会社設立

個人で会社設立を考える事

個人で会社設立を考える事は、とても勇気がいる事の様にも思えます。しっかりとした専門の知識を得る事が出来たのならば、安定的に会社経営が出来るでしょうが、これから安定的に会社経営を行う上では、やはり専門知識をプロに任せる事も重要となります。

特に会社設立を個人で行う際には、顧客を集客する為に工夫などは個人の主観となってしまいがちです。しかしそこで、そう言った経営のプロのコンサルティング会社に委託をする事で、そう言った会社経営のノウハウを知る事となって今後の会社経営にもプラスに働いてくれると考えられます。

会社設立もしっかりとした腕が必要となりますが、それでも安定的に会社設立で成功させる為には、プロの意見に耳を傾ける事が重要となります。プロの意見とは、やはりこれまでに成功例も失敗例も見てきた経験を基にちゃんとアドバイスをしてくれるので、これからの進むべき道を間違いそうになったとしても、ちゃんとアドバイスを送ってくれるでしょう。

そう言った会社設立を安定的に行える様になるまでは、資金繰りなどはどうしても銀行などに頼る事にもなります。落ち着くまでは、ちゃんとした仕事をやりくりしていく様にして、資金難に出来るだけ陥る事の無い様な状況を個人で考えていく事も大切です。

当然会社設立に対するプロのアドバイスをしっかりと聞き入れながら、コンサルティング会社は新たな経営の進め方などを教えてくれたりと、会社経営を成功させるプロセスを与えてくれます。そうした会社設立での経験を活かして、経理的な分野などでも分からない事が多いのならば、会計の専門のプロを雇い入れる事も大切となります。

個人で会社設立を行うときには、確定申告や決算報告などのどうしても経験した事のない事を行わなければいけない様で、こう言った事も会計士や税理士などの専門のプロならば、しっかりとした知識の基で間違いの無い申告を作成してくれます。素人判断で行って後で修正申告となったりすると、追徴で税金を納めたりと、後々で面倒な処理がまっています。

これからの会社設立の考え方も、こう言った縁の下の力持ち的な存在の処理などが分からない事が多く、会社設立に関わる事でも色々な専門知識のプロからのアドバイスを受ける事によって、全然違った会社経営のスタイルを確立する事が出来るのかも知れません。個人で考えられる所の限界はあるので、この様にプロからの助言はとても必要となるでしょう。

会社設立に必要な知識

会社設立に必要な知識としての簿記2級

会社設立以後にあっては経理に関しては仕訳から総勘定元帳への転記などを行っていく必要があります。こうした処理はたまっていくと手が付けられなくなるほど書類の山となり、処理が終わっていない書類がその後紛失してしまうなどの危険性があるために、できるだけ早め早めに処理をしておく必要があります。

電算処理の発達した現在ですから、仕訳帳や総勘定元帳への転記などを手でしているところは昔の個人商店ぐらいしか考えられませんが、こうした処理を行う上で必要とされる最低限度の知識は簿記検定3級相当であるとよく言われています。しかしながら主催者がどこなのかによってもこの資格は同じ級なのにランク、難易度が異なっています。

一番今の日本で権威があると目されているつまり社会的認知度が高く通用すると考えられているのは、日本商工会議所が行っているもので、特に日商簿記と略して言われているものになります。
この日商簿記2級相当になると、商業簿記のみならず物を製造した際の原価計算の基となる工業簿記の知識も必要となります。この日商簿記2級の点数配点も商業簿記が6割、工業簿記が4割とあり、合格できるのは全体の7割以上の得点ですから、工業簿記を全く勉強しないで合格はまず無理とされます。

会社設立から経理事務はスタートしますが、経理だからと言って軽視する人も中にはいます。しかしながら、会社設立からどういった経営成績であったり、あるいは通期においてどれだけの利益または損失が出ていたのかなどといった、経営者にとって必要不可欠な情報については、決算書類を見なければわかりません。その決算書類を作成する能力が簿記能力なわけですから、決して楽観視してよいものではありません。

会社設立時において経理処理を行える人材がいれば、煩わしい経理の処理から解放されることになりますが、経理を単独で行わせるのはある意味危険です。

今、問題になっているのが経理担当者が会社のお金を不正に使いこんでいるという話で、大抵の場合は経理担当者が一人しかいなかったといった問題です。

いくら日商簿記2級相当の知識を持っているからと言っても、経理の不正をしないという保証には全くなりません。むしろ、知識があるだけに不正経理によって不正を行う危険性が高くなるおそれもあります。
会社設立以後はこうしたチェック体制をどうするのかについても、経営者などがしっかりとよく考えて行動する必要があります。

会社設立へのポイント

会社設立に向けた5つのポイント

会社設立に向けて必要な手順を5つにまとめて解説をしていきます。
まずは一つ目のポイントは、個人のまま事業を拡大をしていくかそれとも会社設立をして事業を拡大していくかを検討することです。

安易に会社設立を目指すと、出資金が無駄になってしまいます。
個人事業と会社を比較すると、個人事業だと会社設立のための時間費用がかかりません。
ですが、事業内容によっては会社でないと行政から認められない場合もあったり、社会的に個人より会社の方が信頼されやすい傾向があります。
それぞれに長所と短所があるため、会社設立を目指すならきちんと理解をしてから実行しましょう。

二つ目のポイントは、会社形態を検討することです。
基本的には四種類あります。株式会社や合同会社、合名会社や合資会社です。
株式会社と合同会社が一般的なのでこちらを解説します。
聞きなれない合同会社とは、出資者全員の一致により事業内容を決定していきます。
よって、少人数で作られることが多いです。
株式会社は株主総会と取り締まりが必要ですが、合同会社には必要ありません。
また、株式会社には決算の報告や役員選定、株式を公開できますが、合同会社にはこれらがありません。
設立費用は株式会社は約20~30万円、合同会社は約10~20万円の費用で設立が可能です。
どの種類の会社を選択するか検討しましょう。

三つ目のポイントは、手続きを自分で行うか専門家に任せてしまうかどちらかを検討することです。
自分で行っても専門家に任せても、費用は大体変わらないので手続きの時間を考えるならば、専門家に任せた方が効率が良いかもしれません。
よほど、法律に詳しい場合は、自分で行ってもよいでしょう。

四つ目のポイントは、許認可の事業内容を検討しましょう。
ある程度、事業内容が決まってから会社の設立を検討されている方が多いと思いますが、事業内容を行政から許可を得られるか確認をしましょう。

最後の五つ目のポイントは、会社設立に成功したあとにやらなければならない手続きをすることです。
会社設立登記申請の際に提出した会社の印鑑を届けだしたことが前提で、法務局で提出した印鑑の印鑑カードを受け取ります。

次に税務署で青色の申告書を提出します。
また、会社になると国だけではなく地方自治体にも税金を納めなければならないため、都道府県税事務所または市区町村税事務所で手続きを行います。
それらを終えると、最後に社会保険関係の手続きをして全ての会社設立後の手続きが終了します。

サラリーマンでの設立

サラリーマンでも会社設立すれば大幅節税が可能

サラリーマンでも会社設立すれば大幅節税が可能になります。多少の税金の知識が必要となりますが、会社の経費として多くの費用を計上できるようになるので、所得が減り、税金の額が大幅に少なくすることができるからです。

会社設立したら、自分自身が社長であり、会社の経費を自由自在に使えるので、会社の経費で様々なことをすることができるようになります。もちろん、会社の費用なので、会社設立しても、ビジネスに関する費用しか経費計上できませんが、自分の趣味などに関係するビジネスを展開しているなら、自分が趣味で使ったお金も経費計上できるようになるのです。

会社設立しても黒字なら節税効果はなく、余計に税額が増えてしまいますから、自分の好きなことで、赤字になっても構わないようなビジネスで会社設立することをおすすめします。

例えば、ヨガを趣味にしている人なら、思い切って、ヨガスクールを開催してヨガインストラクターになってしまいましょう。こうすることで、趣味のヨガにかかる費用を経費計上できるようになるからです。実際にビジネスとして成功できなくても、ヨガに費やしたお金のおかげで節税できるので、会社設立をするメリットは十分にあります。

ただし、かなりの金額をヨガに費やしていなければ、大したメリットは出てこないので、莫大な金額を費やしている趣味であることが
大切です。ヨガなんてお金がかかるのはヨガレッスン料だけだと思うかも知れませんが、書籍やDVDなども充実しています。ヨガマットやヨガウェアなどもあり、インドなどへヨガ留学をすれば、海外航空券や滞在費なども経費に落とせるので、かなりの金額を経費とすることも可能です。また、自宅などをスクールとすれば、家賃の半額を経費にすることも可能です。さらには、光熱費や電話代、インターネット接続料なども経費になりますから、意外と経費にできる金額は少なくないのです。

他にもアパートや駐車場の経営、本屋や好きな食べ物の取り扱い、ファッションや音楽などの商品の取り扱いをしている人も多くなっています。

いずれにしても、自分が興味が持てて、趣味にもしているようなビジネスをすると良いでしょう。趣味の知識を生かせますし、趣味にかかるお金を会社の経費として計上でき、節税にもつながるからです。

また、節税するには多少の税法の知識も必要となりますから、図書館などでたくさんの本を借りて、色々な税法を勉強することをおすすめします。

公証役場での承認

会社設立には公証役場での書類の承認が必要

会社設立は法務局に定款とわれる会社の規則を書いた書類を提出して承認されることで出来ます。この書類を公のものとして認めてもらうために必要となるのが公証役場での承認です。定款は公証役場で承認されて初めて公の文書と認められたことになるわけです。そして、それを法務局に承認してもらうことで会社設立をすることができたことになります。

今では会社設立をするといったことは、かなり身近なことになってきています。昔はある程度の資本金が必要だったりしたので、なかなか個人では会社設立をするといったケースは少なかったのですが、今は資本金は一円からでも会社設立ができるようになっていますし、ネットの普及によって個人でもさまざまなビジネス展開をすることが可能になっていますから、こういったネットビジネスで会社設立をして起業をするといったケースも多くなってきています。

会社設立のときに必要となるのが、定款という会社の規則を記した書類作成なのですが、これがかなり難しいものになっています。個人でも作ろうとすれば作れるのですが、かなりの時間を必要とします。今はネットで定款の雛形といったようなものも入手できますから、そういったものを手に入れて、自分がつくりたい会社とちがっているところを直していくといったような形でつくっていくことも多いといえます。そうして作った書類はまずは公証役場でチェックをしてもらうことになります。

ここでのチェックでほとんどのミスは指摘されるので、指摘されたことを直せば書類としての形式はほぼ出来たといってもいいでしょう。この後で法務局のチェックを受けるのですが、このときは書類のチェックもありますが、既に公証役場でかなりのチェックを受けてきているので、ほとんど指摘されることはなくなっているでしょう。

会社を設立するということは、そんなに難しいことではありませんから、しっかりと書類さえつくれていれば誰でも出来ます。

また、これらの手続きや作業時間が惜しいと感じるのであれば、会社設立代行サービスに依頼をすればこれら一連の作業を全部やってくれるといったサービスをしているところもあります。
こういったサービスを利用すれば、自分が作りたい会社の概要を説明すれば、後の手続きは全部やってくれますので、簡単に会社を設立することができます。時間を効率的に使う意味ではかなり検討をする価値はあるかもしれません。そんなに何度も会社設立をする必要性があるケースはないでしょうから。

記念品人気ベスト3

会社設立時に配られる記念品人気ベスト3とは

会社設立の際、それを記念して関係者や社員、家族や取引先に配る記念品を準備するというのは、世間でも恒例の行事となっています。しかし、社名ばかりが目立って実用的でないもの、置く場所・使う場所に困るような記念品が配られてしまうというのも、よくあることです。

そこで、貰って嬉しい実用的な会社設立記念品にはどのようなものがあるのでしょうか。今回は、多くの起業者に選ばれて、贈った先でも喜ばれている会社設立記念品ランキングを第三位までご紹介します。

まずランキング第一位の商品は、電波時計です。お値段3000円程度の実用的な時計で、時間合わせの必要がなく自動的に受信した電波によって正確な時間を表示し続ける優れものです。12時間表示、24時間表示などお好みに合わせてタイムチェックができるほか、カレンダーも付いているので仕事場でも重宝します。周囲が暗くてもライト機能によって見たいときにはいつでもくっきり時間表示が確認でき、めざまし時計としても活用できます。最新式の物には、熱中症や食中毒、インフルエンザといった室内環境に関する注意報も表示させることができ、タイムキーパーとしてだけでなく、身の回りの安全を保つ役割も担ってくれるのがこの電波時計の贈り物です。

続いて会社設立時に選ばれる商品第二位は、木製ペンケースの付いた高級ボールペンです。落ち着きとぬくもりを感じられる木製の高級ボールペンは、使うほどに味が出て愛着の沸き年代を問わず愛用できる商品です。さりげなく社名を入れることで社員や関係者にとって思いいれのある記念品となり、いつも身につけて使える実用的なところも高く評価されています。

そしてランキング第三位の商品は、USBメモリーです。いまやどんな業種の会社であってもパソコンを使った業務は必須であり、それに伴って大切なデータを保管、携帯するためのUSBメモリーはいくつあっても困らない商品です。会社設立時に社名を入れて社員や関係者に配ることで、日常的に使えて無駄がありません。会社設立に込めた社名や会社のコンセプト、メッセージを文字入れすることでさらにスタイリッシュな見た目となり、置いたり飾ったりする手間なく、その日から使える大変実用的なアイテムとして多くの起業者に選ばれています。

これらの商品はどれも、会社名などを名入れしても使い勝手に不自由がなく、毎日使うことによって宣伝効果、意識向上効果が狙えるものばかりです。

« Older Entries