会社設立を最短で

会社設立を最短でしたいなら

会社設立は今では誰でもできるといったもいいぐらいになっています。会社設立の書籍なども多く出ていますし、ネットでもどのようにしたら会社設立ができるかを記載したようなサイトは数多くあります。そのようなところを参考にしていけば初めて会社設立をするといったような人でも十分にすることはできます。

ただ、時間はかなりかかるといってもいいでしょう。書類作成や公証役場、法務局への手続きなどかなりの時間が必要です。たいていの場合は一回のチェックでは承認されませんので、手直しをしてまた承認をしてもらいに関連する役所に持っていくとなると非常に多くの時間がかかります。

ですが、このような時間をほとんどかけずに、最短で会社設立をする方法というのもあります。それは会社設立代行サービスに依頼をしてしまうのです。この代行サービスでは、書類の作成から関連する役所への手続きまで一切をやってくれるようなサービスをしているところがあります。サービス内容によって、書類の作成方法だけを教えてくれるといったものから、役所関係への書類の提出の一切をしてくれるといったものまで幅広くサービス内容はあります。ですから、最短でするのであれば、この一切をしてくれるというサービスに依頼をするとそれほど時間をとられることはありません。自分がつくろうとしている会社の概要をいえば、それで出来てしまいます。

会社設立に必要となる書類は定款といわれる会社の規則を記した書類を作成するのが大変な作業となります。この定款はある程度決まった書式がありますので、それにのっとって法務局や公証役場が承認してくれるような状態にして提出する必用があります。

この決まった書式にのっとって必要な事項を全部記載していくといったことが、初めて会社設立をする人にとっては困難で難しく時間のかかる作業となります。ですが、代行サービスはこの作業のプロですから、別に難しくもありません。決まった書式にするだけのことですから、何度かやっていればわかってしまいます。

しかも代行サービスは電子承認というシステムを持っています。電子承認であれば、書類で定款を作成するよりも若干手数料などが安く済むといったこともありますので、こういったところを利用するというのは費用的にもメリットがあるといえるかもしれません。

初めて会社設立をするような人は検討する価値のあるサービスといってもいいのではないでしょうか。